THE・GEESE尾関が深く語るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年について語る

 しばらく更新を休んでいたのでここで区切りとして今年一年について語ってみようと思う。
「いいはなシーサー」。今年一年を振り返るとこの番組しか頭に残っていない。
いい話をビギンのボーカルのあの帽子の人が話すという単純明快な番組だ。
一番印象深いものにこんな話があった。


札幌でタクシー運転手をしている竹内紀仁さんは、この時期に
なると思い出すお客さんがいます。
それは2年前のクリスマス、雪で電車が運休となった夜、
札幌駅で乗せた一人の男性客のこと・・・。
「小樽まで行って下さい。でも、その前におもちゃ屋に寄りたい。」
出張で札幌まで来て、自宅へ帰る前に子供にクリスマス
プレゼントを買うのだろう・・・。
竹内さんは、そう思いました。
ところが、なかなかお目当てのおもちゃは見つからず、何件ものおもちゃ屋を巡りました。
やっとのことで見つけましたが、探し始めて1時間を越えていました。
車内に戻ったお客さんは、急いで携帯電話をかけはじめます。
「帰りが遅くなりそうなんだ。」
それを聞いて電話口で泣いている女の子の声・・・。
運転席にもはっきりと聞こえてきました。
と、次の瞬間、竹内さんを驚かせる出来事が。
「大丈夫、パパ今からサンタさんのソリに乗せてもらうから!大急ぎで帰るよ!!」
男性客はそう言うと、竹内さんに携帯電話を無言で差し出したのです。
竹内さんはとっさに携帯電話を受け取ると、
「メリークリスマス!パパを連れて行くから待ってるんだよ!ホーッホホッホー!!」
女の子の声が、少しだけ明るくなりました。
夜10時、無事小樽に到着。
敢えて自宅から少し離れたところに男性客を降ろしました。
「あの日、僕のタクシーはソリになったんだ・・・。」
車窓に写るクリスマスのイルミネーションが、竹内さんを一層優しい表情にさせるのでした。


 いい話だ。客からのとんでもない無茶振りに答えるタクシーの運転手。アドリブの笑いまで足すその精神。私なら、その無茶振りに憤り携帯電話を外に投げ、男性をタクシーから下ろし、何度も轢いたことだろう。
 いいはなシーサー 来年も目が話せない番組だ。そして「嫌なはなシーサー」「気分が滅入るはなシーサー」などその幅を広げてほしいものである。

 来年も皆様にとってよい年でありますように。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。