THE・GEESE尾関が深く語るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライス国務長官について語る

「あなたに一番影響を与えた国務長官を教えてください」。そう聞かれたらだれもがこう答えるだろう。「ライス国務長官です」と。「国務と言えば?」そう聞かれても、「ライス国務長官です」と答えるだろうし、「あなたはライス国務長官ですか?」という問いにすら同じ答えを返してしまうのではないか。それほどこの人のイメージは強い。強くてスカートをよくはいている。
 ライス国務長官の仕事は激務だ。同じことを日本の大学生がやったらすぐに逃げ出すに違いない。ホワイトハウスでの激務は常人の神経では耐えられないほど過酷だがライスはそれをいともたやすくこなす。ニ徹、三徹もいとわない。本当にライスは凄い女性だ。タフでありスカートもうまくはきこなす。
私もライスのような強い人間になりたいものである。

でも時々ふと思うのだ。本当は誰もが心にライス国務長官の部分を持っているのではないのか、と。ライス国務長官のように自分の全てのパワーを出す事を、色々な理由をつけてためらっているだけで、本当は何でもできる力が人にはある。全力で物事にぶつかっていくのを恐れているだけだ。そんな事を考えてしまう。


人は誰もが心にライス国務長官の部分を持っている。それをどう使うかはあなた次第だ。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。